温める?冷やす?ぎっくり腰の応急処置について

ぎっくり腰になったら、温めるのか冷やすのか迷いますよね。人によっては「冷やした方が良いよ」という方もいれば、「いやいや温めた方が良いよ」という方もいます。それぞれ方法としては、ぎっくり腰になってしまった状況で考えていくことが必要となります。

 

ぎっくり腰になってしまった場合は、まずは患部を触ってみて熱を持っているか、熱を持っていないか把握してみましょう。熱がある場合の応急処置としては、炎症を起こしている可能性が高いので、冷やすことが有効です。よく捻挫などをした時に冷やすのと同様ですね。

 

逆に患部が熱を持っていない場合は、温めた方が治りも早いと言われています。ぎっくり腰になったら、それぞれの症状に合わせて応急処置をしていくことが望ましいです。

 

急性のぎっくり腰の場合と慢性のぎっくりの場合で異なるため、しっかりと確認してから対応するようにしましょう。もちろん、痛みが激しい場合などは、病院に行くことも考えておくことが必要です。冷やしたり、温めたりするのは、あくまでも病院に行くまでの応急処置だと思っておいてください。

 

そのまま放置する方がいますが、それは身体にとっても良くないですよ。ちゃんと対応するようにしましょうね。

スポンサーリンク