ぎっくり腰に対するブロック注射の効果

椎間板ヘルニアなどの治療に使われているブロック注射をご存知でしょうか?ブロック注射というのは、文字通り患部に注射することによって、腰痛を防ごう(ブロックする)という治療方法です。

 

椎間板ヘルニアは、椎間板がすり減ってくることによって発生する症状なので、ブロック注射が有効とされています。その一方で、ぎっくり腰に関してはある程度の効果がある人もいれば、効果がない人もいます。

 

ぎっくり腰は、腰の筋肉が炎症を起こしている状態ですので、注射の効果についてはあまりありません。もちろん注射の内容によっても色々と変わってくるので、一概には言えないのが正直なところです。ただ、仕事がすぐにできるかどうかと聞かれれば、「おすすめはできない」という回答となります。

 

ブロック注射というのは、あくまでも一時的な治療ですので、根本的な解決になるものではありません。つまり、ぎっくり腰になった本当の原因を改善していかないといけないワケです。その点も考えて使っていくことが必要です。

 

もちろん、人によっては楽になるのですが、それは根本的な解決にはならないことを知りましょう。その他の治療法も試して、自分に合った方法を使っていきましょう。

スポンサーリンク