ぎっくりの治療は病院へ行く場合

急にぎっくり腰になってしまうと、どのように対処すれば良いかわからなる方も多いと思います。ぎっくり腰は筋肉が疲れていたり、張っていたりするときに発祥し、炎症によって痛みを発生させます。そのため、「どこの病院に行けば良いのか?」と思う方が多いですし、「何科を受診すれば良いのかな?」と迷う方もいます。

 

何科を受診する?

基本的にぎっくり腰になってしまった時は、整形外科で診察してもらうと良いですね。ぎっくり腰は急性腰痛症の一つなので、早めに対処することが重要となります。ただ、普通の腰痛だと勘違いして、我慢してしまう方が多いのも特徴です。まずは腰痛の中でも、ぎっくり腰は若干性質が異なるものだということを理解し、必要であれば救急車などを利用することも視野に入れておきましょう。

 

ただ、緊急性がない症状の場合は負担額がかかる可能性があるので、できることであれば自分で移動する方が良いという方もいるようです。動けない場合は、整形外科に電話してみて「ぎっくり腰で動けない時の対処方法について教えて」と伝えてみましょう。そうすれば、病院に行くまでの対処方法を教えてくれますよ。病院の場所と時間も一緒に聞いておけば、一石二鳥ですね。

スポンサーリンク