ぎっくり腰への電気治療の効果について

ぎっくり腰に対して、電気治療を試みようとしている方もいるかもしれませんね。ぎっくり腰への電気治療というのは、通常は腰だけに電気を当てる治療となっています。これらの効果としては、腰の炎症を抑え、的確な血流を促進し、改善できるというものです。

 

しかし、ぎっくり腰における電気治療の場合は、電気の刺激によって筋肉の炎症が悪化する恐れがあると言われています。長年の経験がある先生でないと、症状の度合を把握して電気を流すというのは至難の業と言えますね。

 

主に整骨院や接骨院で受けているという方も多いですが、整骨院や接骨院というのは、資格がなくても開業できるものとなっています。専門的な知識がある先生であれば良いのですが、あまり慣れていない先生にやってもらうと、悪化してしまう可能性もあるでしょう。

 

腰痛に対しての電気治療の効果は認められているものの、利用する年代に寄っても変わってきます。それぞれの状況に合わせて、的確な治療ができる先生と出会うことが、重要な選択となりますね。

 

なお、電気治療は、効果が持続しないこともあります。ぎっくり腰の根本的な解決にはならないことがあるので、その他の治療法も実践していくことが必要となるでしょう。

スポンサーリンク