軽いぎっくり腰の対処法について

腰が痛いという方の中には、「歩ける程度だから大丈夫だろう」と安易な発想をしている方も多いかもしれませんね。それは軽いぎっくり腰かもしれないので、何かしらの行動が起爆剤となって、いつ爆発してもおかしくありません。

 

筋肉が疲労している場合やストレスが溜まっている場合、普段使わない筋肉を使った場合など、腰の筋肉に負荷がかかると、ぎっくり腰になることも多いです。歩ける程度の軽いぎっくり腰だった場合も無理はせずに、腰に負担をかけない生活をすることが好ましいです。

 

デスクワークが中心の方や、逆に立ちっぱなしで仕事をするという方も多いですよね。そういう方はぎっくり腰になる可能性も高いです。歩ける程度の場合の対処方法としては、とにかく筋肉を休ませるということですね。効果的な方法としては、ストレッチなどによって対応するのが良いです。

 

その他、常に腰に負担がかかる仕事の方は、身体のバランスが崩れていないかも調べておきましょう。骨格や骨盤が歪んでいると、腰にかかる負担も大きくなってしまいます。そうなる前に、改善することが重要ですね。慢性的な腰痛になっている可能性もあるので、場合によっては整形外科などの病院を受診してくださいね。

スポンサーリンク