ぎっくり腰の原因で多いのは運動不足

ぎっくり腰という言葉はよく聞くものの、はっきりとした原因については知らない方も多いのではないでしょうか。実際、ぎっくり腰の原因の中でも、特に多いと言われているのが、運動不足です。

 

現代人は運動不足になっていることが多く、それが筋肉の低下に繋がり、ちょっとした負担によってぎっくり腰になってしまうことが多いのです。

 

ぎっくり腰の原因ランキング

ぎっくり腰の原因を見てみると、ランキング上位に来るのが運動不足であり、その他同じ姿勢でずっといることやストレス、食生活、予期せぬ動きなどがランクインしています。原因はそれぞれの人によって異なるので、しっかり考えて対策していくことが必要となります。

 

もちろんランキングで多いものほど、注意しておくことが必要ですが、それよりも自分でぎっくり腰の要因を見極めることが必要です。まずは自分が腰痛やぎっくり腰になってしまった原因を解明して、再発防止にも努めていきましょう。

 

また、運動不足などを改善したい場合は、定期的な運動が必要です。本格的なスポーツを行なう必要はありませんが、普段から多めに歩くことを心掛けたり、私生活の中で意識的に身体を動かしましょう。そういうちょっとした対策が、大きな原因の解消に繋がっていきます。

スポンサーリンク