ぎっくり腰で仕事を休む期間について

ぎっくり腰で仕事を休まなければいけなくなった時、多くの人は「仕事を残していて不安だな」と思いますし、できることなら早めに復帰したいものですよね。では、実際にぎっくり腰になってしまった時、どれくらいの期間休むのが一般的なのでしょうか。

 

普通ぎっくり腰になると、激痛が数日続きます。期間にすると3日程度は激痛に耐えなくてはなりません。6日ほど経過すると痛みも引いてきて、ある程度は行動ができるようになります。しかし、人によって痛みを感じる尺度は異なるため、単にどれくらいの期間休めば良いのかというのは断言できません。

 

復帰のタイミングについて

整形外科などで診察してもらって、医師の判断に委ねる方も多いです。おおよそ1週間を目途に考えておき、痛みも違和感もまったくない状態であれば、出勤しても問題はないでしょう。

 

仕事を休むというのは、会社からのプレッシャーもありますし、仕事を消化しなくてはならないという責任もあります。できるだけ早めに治して、復帰したいという方は、最適な治療を心掛けるようにするべきですね。どうしても外せない仕事がある場合は、自宅でできないか考えてみて、最善を尽くせるようにしましょう。もちろん、無理は禁物ですので、くれぐれも注意して行動してください。

スポンサーリンク